国家公務員ボーナス平均68万1500円にネットで非難殺到wwwwwwwwww

国家公務員に8日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。

管理職を除く行政職職員(平均35.9歳)の平均支給額は、前年冬と比べ約2万3300円(3.3%)減の約68万1500円。引き上げのための関連法改正が間に合わず減額となっているが、同日の法改正により、近く差額分が支給される。これを含めると、約1万円(1.4%)増となる。


このニュースを受けて、ネットでは、

「マイナンバー導入して作業工数かなり減ったのに全然人数削減しないよね。銀行は凄い数削減してるってのに」

「そんなにもらえるほど、国の財政は潤ってるんですね。それなら、いろいろと税金を上げる必要なんてないじゃないですか。賞与って、



儲かってなかったら支給されないものなんですから。」

「どう国民から税金多く徴収するか、小手先でちょこちょこしてないで、まずはやるべき所からやれよ!議員定数、公務員削減!マイナンバー含め税金使ってシステム作っているなら、その効率良くなった分以上に削減しなきゃ意味がないでしょ。」

「だったら、早く減税してほしい。」

「増税に成功したのでボーナス支給します???え???」

「国民搾取(税金)はガンガン上がるのに、支出削減は一向に進まないよね 増税を考える前にまずはどこを削減しなきゃいけないかを考えなきゃいけないと思いますよ」

「ボーナスより、年金が凄くないか?」

「佐川さんはいくらもらったのかな?」

「ボーナス無し、給料下がった。」


など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by 芸能スキャンダル館 at 11:53 | Comment(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】 求人倍率、1.55倍に上昇!! 43年9カ月ぶり高水準って、ホントかよwwwwwww

厚生労働省が1日発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.03ポイント上昇の1.55倍となり、4カ月ぶりに上昇した。1974年1月以来、43年9カ月ぶりの高水準。景気のゆるやかな回復を背景に、製造業を中心に幅広い産業で求人が増えたことが寄与した。

このニュースを受けてネットでは、

「契約社員抜きの正社員だけのデータにしないとダメだろ」

「現場はミスマッチ多数。」

「こんなデータ、全く当てにならない。データから外れている人の数がどれだけ多いことか。」

「求人倍率も失業率も、あくまでもハロワベースの値、ハロワで求職してない人は失業率にカウントされないしハロワの求人案件も最低賃金ギリギリとかザラにある」

「なのに賃金は上がらない。非正規は全体の


4割くらいだがその人たちの給料が上がらないからだろう。」

「これで本当に景気が良かったら給料に反映するわ。」

「アメリカEUが金融引き締めで日本だけが緩和継続だから通貨安競争の勝者だから製造業は好景気だろうが、工場には年寄り要らないからねえ。雇いたい若手だけが少ないのが現状かもね。」

「実際は複数の派遣会社から同じクライアントの派遣労働者のオファーをカウントしての数字じゃない?全体の6割が派遣労働者、契約社員で正社員雇用なんて増えていない。」

「でたらめな数字 ニュースにもならない」

「弊社昨年、今年と右肩上がりに利益は上がってるが、手取りは右肩下りで、やる気でなくなるね。就職させないと国が巻き上げる税金は増えないしね。アベノミクスは良く出来てるね。」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by 芸能スキャンダル館 at 10:43 | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。